普通のファミリーなら「タフスクリーン2ルームハウス」が一番おすすめ!

タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ サイド

2017年に配色が変わってリニューアルしたコールマンのタフスクリーン2ルームハウス。そして、2017年秋冬モデルではバーガンディ色が登場!(8/28発売)

タフスクリーン2ルームハウスは、ファミリーキャンプ向けのテントとして、バランスが取れていると思います。

  • 安い!
  • オールマイティ(寒さ・雨・日射し・虫)
  • 設営がシンプル

「一般的なご家庭」には、一番おすすめのテントです。(虫嫌い、設営撤収が趣味ではない、野ざらしではなく快適に過ごしたいなど) 実際に、キャンプに慣れたファミリーは2ルーム型のテントを使っている印象。

キャンプを数年経験してきた我が家が、その素晴らしさをご紹介します♪

スポンサーリンク
レクタングル(大)

コールマンの「2ルームハウス」

コールマン2ルームハウスを3種類ご紹介。

  • タフスクリーン2ルームハウス
  • タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ
  • ラウンドスクリーン2ルームハウス

タフスクリーン2ルームハウスと、ラウンドスクリーン2ルームハウスの違いは、重量差 4kg、1人で設営できるか否か。大きさはほぼ一緒です。

「バーガンディ」は色の違いです。

  • 使い勝手とコストパフォーマンスを考えると「タフスクリーン2ルームハウス」一択
  • バーガンディ色に惹かれるならバーガンディ (ただし、値落ちしていない)
  • コストを抑えたいならラウンドスクリーン2ルームハウス

といったところ。

それでは、商品を見ていきましょう。

タフスクリーン2ルームハウス

タフスクリーン2ルームハウスは、2017年の新作テントで、2ルーム型のテント。
※2ルーム型のテントは、リビング空間と寝室が確保できる、一体型のテントです。

タフスリーン2ルームハウス 外見

2012年~2016年までは、ラウンドスクリーン2ルームハウスが販売されていましたが、2017年になって配色が変わり、タフスクリーン2ルームハウス となって新しくなりました。

主な特長は、

  • 1人でもスムーズに設営できる簡単アシスト機能付いている
  • 寝室のサイズが、約320×230あるので、4人家族なら広々と使える

4人家族なら十分なサイズです。
タフスリーン2ルームハウス インナーテント

小さい子供連れなら5人でも寝られます。そして、お子さんが大きくなったら、お父さんは、リビング空間でコットを使って寝れば(寝かせれば)OK! 5人家族でもなんとかなります。

リビング空間 : 約340×260×215(h)cm
インナーサイズ : 約320×230×170(h)cm
重さ:約16kg
定員 : 4~5人
耐水圧:約2,000mm(フロア 約2,000mm)
メインポール:アルミ合金

タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ

2017年秋冬の新作、「タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ」は、2017年8月28日に発売されています。

タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ

Coleman(コールマン) タフスクリーン2ルームハウス(バーガンディ) 2000032598

上品な色合いのバーガンディーは目を惹きます。大きさと広さ、生地のスペックなどは一緒です。

リビング空間 : 約340×270×210(h)cm
インナーサイズ : 約320×230×170(h)cm
重さ:16kg
定員 : 4~5人
耐水圧:約2,000mm(フロア 約2,000mm)
メインポール:アルミ合金

綺麗な色です。先日、お友達家族の初張りを見学させていただきました。

タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ サイド

ラウンドスクリーン2ルームハウス

ラウンドスクリーン2ルームハウスも、コールマンの2ルーム型のテント。

タフスクリーン2ルームハウス の型落ちのテントですが、テントの大きさと広さはほぼ同じです。

コールマン テント ラウンドスクリーン2ルームハウス [4~5人用] 170T14150J

タフスクリーン2ルームハウスと比べると

  • サイズはほぼ同じ
  • 4kg重い
  • 価格が安い
  • ポールがアルミ合金ではなく、スチール製
  • 設営は2人を想定している

といったところ。

また、コールマンの緑色のテントが欲しいという方は、こちらを選択するという手もありだと思います。型落ちなので、機能的に劣りますが、その分、値段が安くなっています。

リビング空間 : 約340×270×210(h)cm
インナーサイズ : 約320×230×170(h)cm
重さ:約20kg
定員 : 4~5人用
耐水圧:約2,000mm(フロア 約2,000mm)
メインポール:スチール

ファミリーキャンプにおすすめできる理由

ここからは、コールマンの2ルームハウスがファミリーキャンプにおすすめできる理由をご紹介していきます。

まず、何より安い! (安くなった)

ここからは、ファミリーキャンプにおすすめできる理由をご紹介していきます。

一番のおすすめポイントは価格が安く抑えられている点。



老舗コールマンの品質で、4万円程度で手に入れることができます。型落ちで良ければ3万5千円。

入門向けの、ドーム型テントより、チョット高いぐらいの価格帯です。(こんなに安かったっけ?)

チョット前は、タフスクリーン2ルームハウスが 6万円ぐらいで流通していた気がするのですが、2万円ほど価格が下がりました。価格推移を確認すると、今が一番安いタイミングです。

タフスクリーン2ルームハウス
タフスクリーン2ルームハウスの価格推移

ラウンドスクリーン2ルームハウス

ラウンドスクリーン2ルームハウスの価格推移

引用:モノレート

※2017年の4月頃に価格が下がっているのはAmazoneで流行った安値出品詐欺によるものだと思います。

ドーム型のテントだと、リビングスペースの確保にタープやシェルターなどを追加する必要があるのですが、2ルームハウスなら、最初からリビングスペースが確保できるので、追加で購入する必要がありません。

そういった面でも、トータルで安く済みます。

参考 我が家はアメニティドームは3万5千円 + タープ4万。振り返ると結構な出費…

ドーム型テントは、リビング空間の確保に、別途タープやシェルターが必要です。テントの次に買ったのがタープ。タープは布だけ価格なので、ポールなどを別途買い揃えると4万ほどかかりました。(タープの価格予想外!)

それなら、最初から7万5千円の2ルームテント買えるじゃないか!といった状態。

そう考えると、4万円ほどで手に入る、タフスクリーン2ルームハウスがお得なことが分かります。

雨、虫、寒さ、日射しに強い

キャンプで困るのが、雨、虫、寒さ、日射し、風など、自然の厳しさに遭遇することです。そんな環境にオールマイティに対応できるのがタフスクリーン2ルームハウス。

我が家の経験と照らしあわせて、その強みをご紹介します。

オールマイティーな2ルーム型テント

2ルーム型のテントの強さは、オールマイティに環境に対応できる点。タフスクリーン2ルームハウスは、設営したらオールマイティーに対応できます。

  • 陽 … 暑い時期には日よけになる
  • 雨 … 雨に打たれてもリビングスペースは濡れない
  • 虫 … リビングをメッシュにすれば虫に襲われない
  • 寒 … 寒い時期にはリビングでストーブが焚ける(自己責任)

設営してしまえば、怖いものなしです。

年に数回キャンプに出かけるファミリーなら、キャンプ場で家族と過ごす時間を大切にしたいところ。

特に小さいお子さん連れだと、お母さんが子供につきっきりになるので、お父さんがアレコレ対応しなければなりません。そして、お父さんが家族のために頑張ってテントの対応していると「いつまでやってるの?」と言われる始末…。お父さんは、報われません。

その点、タフスクリーン2ルームハウスなら、最初に設営してしまえば、その後は手間がかかりません。シッカリ設営してしまえば、万全の体勢。あとは、家族との素敵な時間を過ごせます。

タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ 斜め前

2ルーム型のテントの弱点を強いてあげると「風」でしょうか。ドーム型のテントと比べると、高さがあって大きいので、風に煽られやすいです。とはいえ、管理されたキャンプ場なら植栽などで風当たりが考慮されていたりするので、台風が接近していたり、よっぽどの悪天候じゃない限り問題ないレベル。

形状的に風に弱いほうですが、実際に困ることはほとんど無いと思います。
我が家のこれまでのキャンプ経験では、そのような厳しい場面に遭遇したことはありません。

ちなみに、風に強いドーム型テントに、リビング空間を確保しようとタープやシェルターを設営すると「風」に気をつけないといけないのは一緒です。

[参考] ドーム型テント + タープで過ごす我が家の苦難

対して、ドーム型のテント+タープで過ごす我が家は…、

  • 陽 … 暑い時期にはタープの設営が必須 or テントではなく外で遊ぶ
  • 雨 … 雨が降ったらタープが必須 and 雨水を流す取り回しが必要
  • 虫 … 虫さんと仲良く晩酌♪
  • 寒 … 焚き火で暖をとるが、寒い時期はそんなんじゃ温まらない

といった、臨機応変な対応 & 我慢 が強いられます。
(そんな こんなが、個人的には楽しいので良いのですが)

普通にキャンプでを楽しむファミリーなら、テント設営後のアレコレ対応は面倒だったりすると思います。

参考までに、我が家の苦難をご紹介します。

いつまでも、テントに付きっきり編

  1. 常に、天気を気にして事前に対策を考える
  2. 天気の変化に合わせてタープやシェルターを設営・撤収する
  3. 雨が降ったら、張り縄の微調整をする
  4. 嫁「いつまでやってるの?」
  5. 私「…。」

暑い中、タープ設営。汗だく地獄!編

  1. 嫁「日が照ってきて暑いんだけど」
  2. 私「ハイ!喜んで♪」
  3. 炎天下の中、急遽タープを設営する
  4. 汗だく、Tシャツ交換からの、手洗い洗濯
  5. やっと終わって、一息ついた頃には日が陰る

雨に振られる!編

  1. 雨雲レーダーをチェックし忘れて、急な雨に降られる
  2. テントの外に出しておいたキャンプ用品がずぶ濡れ…
  3. 食事をとるリビングスペースも無い…
  4. 「タープを出しておけば良かった…」

マジか?超寒い!編

  1. キャンプ場が予想外に寒くなり、痩せ我慢プレイ
  2. 焚き火で暖を取る
  3. …それでも、超寒い。リアルガチ

虫にやられる?編

  1. 蚊やブヨに襲われて、全身が痒い地獄キャンプ…
おまかせください!
タフスクリーン2ルームハウスなら、上記の災難に一気に解消できます!

嘘くさい中身のないセールストークのようですが 😛

数年キャンプをしてきた我が家だと、確かにその通りだと思います。

キャンプが超好きじゃない お母さんならコレ一択

子供とお父さんがキャンプ好きでも、お母さんが、キャンプや自然が好きじゃない場合も多いと思います。

そんな家族には?
タフスクリーン2ルームハウス !

雨、虫、日射しの対策ができるのは、かなりの強みです。

テント内のリビング空間で、のんびり過ごすことができます。

お母さんの気がすすまなくても、テントが快適なら、キャンプに出かける機会も増えるはず。

お母さんの意見は絶対です。

タフスクリーン2ルームハウスなら、1人で設営できる

でも、設営大変なんじゃない?
大丈夫です!
1人でも設営できるタフスクリーン2ルームハウス!

タフスクリーン2ルームハウスは、大型のテントですが、1人でもスムーズに設営できる簡単アシスト機能がついています。

ポールを受ける金具がクリップ状で、ポールを挿すと簡単に抜けなくなります。この工夫があるので1人でも設営ができます。

タフスクリーン2ルームハウスのアシスト機能

1人でテントを立ち上げる時には、ポールの片方を金具に挿して、ポールのもう片側から力を加えて立ち上げます。立ち上げる時に金具が外れて、反対側に行って金具を付け直すということが度々起こります。私も何度もイライラしています★ タフスクリーン2ルームハウスでは、そうならないように工夫がされているのは嬉しいポイントです。

コールマンから、テントを設営する手順が、動画で公開されています。

基本的に、クロスさせたポール2本(&アシスト1本)で立ち上げて、寝室側にポールを2本通して、ペグダウンする手順。

我が家のドーム型テント(アメニティドーム)とほとんど同じ手順です。

大型のテントなので、ポールの本数は数本多いですが、ドーム型テントとほとんど同じ手順なので、設営も手間がかかりません。

唯一違うのは、テントを立ち上げた後に、インナーテントを吊り下げる作業が入ることですが、たいした手間では無いです。

テントの撤収方法も動画で公開されています。

先日、お友達家族がタフスクリーン2ルームハウスの初張りをしたのですが、キャンプ用のテントを設営するのは初めてでありながら、設営にかかった時間は40分! かなり速い設営時間です。慣れてきたらもっと早く設営できるはずです。

参考 ラウンドスクリーン2ルームハウスは、2人での設営が想定されています。

コールマンだから、品質と作りは安心

2ルームハウスは、キャンプ用品を長年展開してきたコールマンのロングセラー品です。

普通にキャンプするなら、品質も問題ないですし、テントの作り(設計)も洗練されています。

何より、コールマン製なので、安心して使えます。そして、お手頃な価格で手に入るとなれば、文句なしです。

参考 他のテントは?

トンネル型のテントも良いのですが、カマボコテント2は入手困難。コールマンのトンネル2ルームハウスは気軽に手を出しづらいお値段。

スノーピークの大型テントは、当然お値段がお高い。

バランスが良くて安いというテントはなかなか見当たりません。良いテントだと思ったら、10万円近かったり…。

いまや大人気のカマボコテント♪ 最新の販売情報と、実際に触ってみた感想を交えて、詳細をご紹介していきます。 販売・予約の最新情報と過...
コールマンの「アテナ トンネル2ルームハウス/LDX」をご紹介。 カマボコテントは2017年も壮絶な予約争奪戦が繰り広げられているため...
スノーピーク(snow peak)のテント・シェルターをご紹介します。 ファミリーキャンプで使えるテントについて、ラインナップからテン...
キャンプをはじめる方に、ファミリー向けテントの選び方と、価格が安くて実用的なテント3品をご紹介します。テント選びで失敗しないために、少しでも参考になれば嬉しいです☆

女性にモテるバーガンディー

バーガンディーは上品な色なので、女性うけします。

お友達家族の奥さんが気に入ってバーガンディーを購入、うちの嫁さんもバーガンディーを絶賛していました。

タフスクリーン2ルームハウス バーガンディ コールマンロゴ

女性にモテるバーガンディ

バーガンディーは「ブルゴーニュ産 赤ワインのような濃い紫」「ワインレッドより深く、ワインカラーの中で一番深い色」です。

オシャレで上品です。

バーガンディーは人気があるので、早めに入手しておくことをオススメします。2016年の限定品トンネル2ルームハウス/LDX バーガンディ は、早々と売り切れてしまっていました。

ファミリー向けのテントで売れ筋 No.1

タフスクリーン2ルームハウスは、売れています!

Amazon売れ筋ランキング「テント」から、ファミリー向けのテントを抽出すると、タフスクリーン2ルームハウスは、1位 です。<2017/8/22時点>

そして、ラウンドスクリーン2ルームハウスが 4位。

1. コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用]
2. [WolfWise] ポップアップテント
3. ANTSIR ワンタッチテント 3~4人用
4. Coleman(コールマン) テント タフスクリーン2ルームハウス [4~5人用]
5. クイックキャンプ ワンタッチ テント 3人用
6. Sutekus テント 一人用
7. キャプテンスタッグ ツーリング用 テント UV 2人用
8. DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント
9. FIELDOOR ワンタッチテント 5人用
10. ANNTER ワンタッチテント テント 3~4人用
11. コールマン テント タフドーム/3025 スタートパッケージ [4~5人用]
12. BUNDOK(バンドック) ソロ ドーム
13. スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム
14. Wnnideoアウトドア キャンプテント
15. Weanas テント 2-3人用
16. キャプテンスタッグ テント クレセントドーム [3人用]
17. ハック どこでも着替えテント
18. Coleman(コールマン) ラウンドスクリーン2ルームハウス
19. キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント5 (4-5人用)
20. Coleman(コールマン) テント タフドーム/240 [2~3人用]

凡例
… ファミリーキャンプ用 (2ルームハウス)
… ファミリーキャンプ用 (ドーム型テント)
… ソロテント、ワンタッチテント

確かに、2ルームハウスはキャンプ場でよく見かけますし、実際に快適だと思います。

売れているのも、よく分かります。

まとめ

普通の家族なら、タフスクリーン2ルームハウスがおすすめ!

  • 値段が安い!
  • 雨、虫、日射し、寒さに対応できる
  • 1人で設営できる
  • 売れている人気商品

ここまでバランスの良いテントは、なかなか見つからないのではないでしょうか?

ドーム型のテントに、タープやシェルターを追加していくより、トータルで考えるとお得です。

お得なセール情報!

お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティicon
スポーツオーソリティでブラックフライデーのセールを開催中。~11/26(日) コールマンのテントが20%OFFになったりしていてお得です。

クロックスicon
クロックスでもブラックフライデー&サイバーマンデーのセールを開催します。~11/29(水) 1,999円均一や、最大40%OFF

好日山荘
今年最後の大決算セールを開催中! ~12/4ポイント20%還元!や、キャンプ用品10%OFFのクーポンも発行中!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アクション

アクションが励みになります♪

ご訪問ありがとうございます。みなさまのアクションがブログ更新の励みになります😀 気軽に足跡を残していってください☆

ブログ ランキングに票を入れる
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

記事をシェアする

フォローする (更新情報をお届けします)

Facebookにキャンプのお役立ち情報を配信中☆いいね!して最新記事をチェックしてみませんか♪ (いつでも取り消しできます)