2017年 スノーピーク「2ルームシェルター」の仕様一覧で徹底比較!

ランドラック

スノーピークのテント選びの続編です。「2ルームシェルター」を比較してみます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

2ルームシェルター

スノーピークの「2ルームシェルタ」の種類をザッと眺めてから、ミッチリ仕様を比較してみます。

トルテュライト

トルテュライトは、トルテュPro.のスペックを落とした版。生地が違いますが耐水圧は実用に耐えるレベルで問題ありません。またPro.より5.5kg軽くなっているのもメリットです。

スノーピーク(snow peak) テント タープ トルテュ ライト TP-750 [4人用]

小型ならタシーク、拡張もできる優れもの

タシークは、小ぶりの2ルームシェルターですが、オプション品のエクステンションを使って、ファミリーでも過ごせる広さに拡張することができます。人数の変化に合わせて設営ができるのが面白いシェルターです。

スノーピーク(snow peak) テント タシーク TP-640 [3人用]

タシークのエクステンション

タシーク標準のインナールームは2人用。4人用のインナールームは別売りです。

大きさ一番!ランドロック

ランドロックは、2ルームテントの中で一番大きいサイズです。大きさにも負けない堅牢さを誇ります。大家族に嬉しいテントです。

スノーピーク(snow peak) ランドロック [6人用] TP-671R

トルテュ Pro.

トルテュ Pro.は、スノーピーク最高峰のスペックを誇る2ルームシェルター。2ルームシェルターでボトムの耐水圧が 10,000mmミニマムなのはこの商品だけです。メッシュパネルも数多く取り入れられていて、快適な居住環境を提供してくれます。

スノーピーク(snow peak) テント トルテュPro. TP-770R [4人用]

2ルームシェルターの仕様を徹底比較!

2ルームシェルターの仕様を比較表にしてみました。

※形状(ベンチレーションの数など)による居住性の差異は、表からは読み取れないのでご注意ください。

生地・フレーム

本体 インナー
テント
ボトム フレーム
生地 ルーフ ウォール 生地 生地 耐水圧 素材
耐水圧 加工 耐水圧 加工
トルテュ
ライト
75D
PL-T
1,800 撥水 UV 1,800 撥水 UV 68D PL-T 210D PL-O 1,800 A6061
タシーク 150D PL-O 3,000 SHIELD
ランド
ロック
トルテュ Pro. 75D PL-R 300D PL-O 10,000

※表の略語表記はテントの表と同じです。

仕様を一覧にしてみて分かること。

  • スタンダードライン以上は耐水圧が 3,000mmになり、SHIELD加工がついてくる
  • トルテュ Pro. のボトムの耐水圧が 10,000mm
  • その他は生地の素材の差

サイズ・重量

対応人数 本体
サイズ
(cm)
インナー
サイズ
(cm)
重量
(kg)
広さ 高さ 広さ
トルテュ ライト 4 580×360 205 300×220 18.5
タシーク 3
(拡張時 5)
500×320 210 265×145 17
ランドロック 6 635×405 205 360×230 22
トルテュ Pro. 4 580×360 205 300×220 24

※サイズ表記は最大幅。型状により有効面積が違うため注意

2ルームシェルター選びの判断材料は?

仕様を並べてみた結果、スノーピークのシェルターを選ぶ時の材料は以下だとわかります。

  • 優先度 高
    • 形状
    • 対応人数・サイズ
  • 優先度 低
    • 耐水圧

テント、シェルター選びと同様に、2ルームシェルター選びも形状を重視して使いやすいものを選ぶと良いと思います。

2ルームシェルターに気に入るものがなければ、シェルターにインナールームをオプションで付けるという選択肢も考えてみてください☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
フィードバック

フィードバックいただけると嬉しいです♪

ご訪問ありがとうございます。みなさまのアクションがブログ更新の励みになります😀 気軽に足跡を残していってください☆

ブログ ランキングに票を入れる
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

2017年 スノーピーク「2ルームシェルター」の仕様一覧で徹底比較!
Facebookにキャンプのお役立ち情報を配信中☆いいね!して最新記事をチェックしてみませんか♪ (いつでも取り消しできます)