ジェントス LEDランタンの比較表とレビュー!~ファミリーキャンプにおすすめ~

ジェントス LEDランタンと夕暮れ

2017年のジェントス(GENTOS)LEDランタン比較表とご紹介をします。

ファミリーキャンプでは、子供の安全を考えるとLEDランタンの一択です!なかでも人気No.1のジェントスをおすすめします☆

この記事では、LEDランタンをおすすめする理由と、ジェントスのLEDランタンの比較表、気になるジェントスのLEDランタンをご紹介していきます。我が家が使っているEX-1000Cのレビューもご紹介☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)

LEDランタンを選ぶ理由

最近のLEDランタンは、十分明るい商品が販売されているため、キャンプのメインランタンとして使用することができます。

メインランタンとしてLEDランタンを選ぶ理由をまとめてみました。

火傷しないのでファミリーに安心

キャンプで使うランタンには燃料によって色々な種類があります。電池、ガス、ガソリン、灯油、など。ファミリーキャンプならLEDランタンで決まりです!燃焼系のランタンは、万が一子供が火傷したら一生傷が残る可能性があるので怖いです。

燃料系のランタンは抜群に明るく、キャンプならではの道具として魅力的ですが…。

  • ランタンがポールから落ちてきたら…。
  • テーブルに置いたランタンを倒したら…。
  • 子供がふざけてランタンを落としたら

といったことが気になり、のんびりキャンプを楽しめません。

我が家では、3歳児(へんてこ)と、5歳児(わんぱく)を連れているので、焚火の炎に子供を近づけないようにするだけで精一杯です。そのため、燃焼系のランタンは一旦諦めてLEDランタンにしました。

LEDランタンの選び方

LEDランタンの選定ポイントはこちら☆

  • 明るさ
  • 光色の種類
  • 電池の種類
  • 電池の持ち

まずは、明るさと光色です。明るさが物足りなくて買い直すのは避けたいところです。そして、キャンプで一番良く使うのは暖色になります。雰囲気が違います☆

あとは、電池の種類、大きさなどの使い勝手が選考基準です。

LEDランタンならジェントス(GENTOS)製

ジェントス(GENTOS)は、1978年創業の日本企業。LEDライト(&ランタン)の明るさや光色のバリエーションが豊富なのでオススメです。

もちろん、ユーザーから絶大な支持を受けていて、売れ筋ランキングを独占状態です。

Amazonランキング大賞2015 (アウトドア・キャンプ用品)では、10位までにランクインした全ライトがジェントス製です。

直近のランキングもジェントスが独占状態かと思います。
Amazon.co.jp 売れ筋ランキング: アウトドア用ライト
価格.com – ライト・ランタン 人気売れ筋ランキング

ジェントスのLEDランタン比較表

ジェントス LEDランタンの製品ラインナップは主にエクスプローラー(Explorer)シリーズです。200ルーメン以上の明るさのランタンについて比較表を作りました。

※スマホで閲覧している方は「PCサイトとして表示」すると表が見やすくなります。
青 … 長所赤 … 短所

明るさ (ルーメン)
電池持ち
使用電池 直径mm
高さmm
重量g
所感
昼白色 白色 暖色 単1 単3
EX-1000C

(逆吊不可)


楽天
1000 lm
5.5時間
540 lm
11時間
400 lm
11時間
4本 Φ129
H246
1255g
明るさ
最強
EX-000R

(落下耐久
防塵 防水
内蔵電池
USB充電
給電可)


楽天
1000 lm
3時間
700lm
6時間
450lm
7.5時間
3本 Φ102
H189
680g
明るさ
最強
強靭
多機能
EX-777XP
楽天
280 lm
72時間
3本 Φ84
H185
817g
一番の
売れ筋
長時間
点灯 
SOL-016B
楽天
600 lm
37時間
6本 Φ122
H240

1650g
暖色で
一番
明るい
SOL-036C
楽天
380 lm
14時間
230 lm
24時間
160 lm
28時間
6本
Φ73
H158

905g
単3
充電池
使用
SOL-013C
楽天
530 lm
20時間
530 lm
38時間
250 lm
40時間
3本 Φ98
H188
830g
明るさ・
電池持ち
バランス
良い
EX-234D

(落下耐久
防塵 防水)


楽天
300 lm
8時間
180
lm16時間
140 lm
10時間
4本 Φ約65
H144.4
330g
単3
3色点灯
EX-136S

(落下耐久
防塵 防水 )


楽天
370 lm
9時間
6本 Φ78.0
H141.5
355g
単3
暖色点灯
EX-964DL

(落下耐久
防塵 防水
手回し充電
内蔵電池
USB給電)


楽天
400 lm
5時間
内蔵電池
3,000mAh
Φ77.3
H217.0
515g
災害時
に便利
EX-313CW
楽天
300 lm
22時間
3本 Φ94
H185

828g
SOL-113P

(補助灯有)


楽天
350 lm
14時間
3本 Φ98
H188

905g

※明るさ、電池持ちは「強」で使ったときのデータ
※キャンドルモードは使わないため検討対象外
※昼白色・白色の解釈は製品仕様と逆転しています。口コミを参考に独断で修正しています。

メリット・デメリットがまちまちなので、用途に合わせて選定すると良いです。

  • 暖色系の明るさを優先したいが、白色系の明るさも捨てがたい
  • 明るさはランタンの数を増やして補える
  • 連泊するので、長時間使えるものが良い
  • 電池持ちは、替えの電池を持って行けば補える
  • 光色は状況に合わせて使い分けたい
  • 単3電池(充電池)がメーカー保証で使えると嬉しい

など、それぞれの事情があるかと思います。

防水・給電付きの「EX-000R」が一番便利!

これからLEDのメインランタンを購入するならEX-000Rがおすすめです。明るさも最強で強靭、スマホを充電できる優れもの。まさにキャンプ向きのランタンです。

  • 内蔵バッテリー 5.000mAh (参考:単3の充電池は1900mAh程度)
  • 内蔵バッテリーの寿命は、充放電約300回(初期電池容量の60%になるまでの回数)
  • 交換用の内蔵バッテリーが販売されている
  • 単1電池3本での使用も可能 (内蔵バッテリーと入れ替えて使用)
  • メインランタンとして十分に使える明るさ (最強レベルの1000 lm)
  • コンパクトで軽い (同程度の明るさ EX-1000Cと比べて)
  • 10m落下耐久
  • 2m防水、防塵
  • USB充電・給電可 (5V・1A)

不明点をメーカーに問い合わせたところ、以下の確認がとれました。

  • 単1電池を使用してもUSB給電ができる。
  • 単1電池を使用したときの点灯時間は、カタログスペックより短い
    (カタログスペックは内蔵バッテリー使用時)

※問い合わせた際にシッカリとした対応をして頂き、大変好感が持てました。

10mの落下耐性があり丈夫

EX-000Rは10mの落下耐性があります。
ジェントス ランタン パワーバンクランタン 【明るさ1000ルーメン/実用点灯3時間】 EX-000R

キャンプでは、タープのポールに引っ掛けておいたり、テーブルの上に移動して使ったりと、何かとランタンを動かしたくなる場面があります。そんな時に手を滑らせても壊れにくいというのは便利なポイントです。

夜中にスマホ充電可能

EX-000Rがあれば、夜中にスマホを充電できるので便利です。

ジェントス ランタン パワーバンクランタン 【明るさ1000ルーメン/実用点灯3時間】 EX-000R

我が家では、無駄な出費を抑えるためにAC電源なしのサイトを選ぶことが多いのですが、唯一電源があると嬉しいと思うのが「スマホの充電」です。スマホで撮った写真をSNSに上げたい時に「電池がない 😥 」なんて困ることがなくなります。

雨にも負けない防水機能

防水なので雨の日でも使えるというのも便利です。

ジェントス ランタン パワーバンクランタン 【明るさ1000ルーメン/実用点灯3時間】 EX-000R

また、キャンプ場で にわか雨に打たれることも多いので、お風呂や買い出しでタープから離れた隙にうっかり濡らしてダメにすることがなくなります。

内蔵バッテリーの交換品も販売されている

長く使うと、バッテリーの劣化も気になるところですが、交換バッテリーが販売されているので安心です。

通常仕様時にもバッテリー切れに対応できるように予備のバッテリーとして携帯しておくと便利です。

サイズも小さくて優秀

サイズも小さくて優秀です。

他のランタンと並べた時の写真を見てもわかる通り、明るさなどの機能性で最上位機種でありながらも、サイズが小さいです。

GENTOS LEDランタンのサイズ

左から「SOL-144S」「SOL-036C」「SOL-013C」「EX-000R」「SOL-016B」右の写真が「EX-000R」「EX-1000C」。こう並んでいると、それぞれの大きさがイメージと違っているのが分かります。

気になるポイントはお値段

唯一の難点はお値段でしょうか。他のランタンと比べて割高です。それでも、防水・スマホ充電の機能が付いてくると考えると良い買い物になると思います☆

我が家では、購入当時に知らなかったため入手しませんでしたが、メインランタンを買うなら間違いなくこれを選んでいます。正直、ちょっと悔しい!

ジェントス EX-1000C の使い心地レビュー

我が家が使っているは、EX-1000C。1000ルーメンの明るさでメインランタンとして使えます。

ジェントス EX-1000C

我が家では、メインランタンを探していたため、明るさを最優先してEX-1000C を購入しました。

単3の充電池とスペーサーでも使える

単3の充電池(エネループ)に100均の電池スペーサー(単3個→単1個)を付けて使っていますが、問題なく点灯します。※メーカー保証外なので自己責任です

ただし、単一アルカリ電池を使っていないので本気の性能を引き出せていません。そのため「明るい!」という印象ではないですが、周囲2~3mは手元が困らない程度に照らしてくれます。

ギラギラに明るいよりは、薄暗いぐらいのほうが雰囲気あって良い♪ …と強がってみる。

実際の明るさは?

我が家では、キャンプの雰囲気に合わせて暖色で使っています。暖色は最大400ルーメンですが、単3充電池を使うと200ルーメン程度の明るさだと思います。

いざというときに本気で照らせるように単一アルカリ電池を携帯していますが、今のところ明るさに不満はありません。でも、単1アルカリで本気になったら…きっと凄いんです。今の2~3倍は明るく照らしてくれる♪と期待しています。

下の写真は単3充電池による暖色の明るさです。近くの荷物を十分照らしてくれています。
ジェントス LEDランタン 単3充電池での明かり

木とジェントスを撮影。写真の撮り方でなんとでもなってしまいますが、明るさのイメージとしてはこのぐらいです。

ジェントス EX-1000Cの明るさイメージ 木に吊るす

当然、電池が減ってくると暗くなってきます。

2017年の新製品は、軽量で落下耐久 防塵 防水が特長

2017年のジェントス(GENTOS)LEDランタンが販売されてます。特長は「軽量」で「落下耐久 」「防塵 防水」。アウトドア、防災を意識した商品作りをしています♪

特長は以下

  • 軽量
  • 落下耐久
  • 防塵 防水
  • 単三電池 or 内蔵電池

そして、防災用品としても役立つダイナモ機能(手回し発電)が付いたモデルがあります。

単3電池でアウトドア仕様、3色点灯のEX-234D

EX-234Dは、単3電池でアウトドア仕様を意識したモデルで、点灯モードが3色あるモデルです。

この商品の魅力は

  • 4mの落下耐久があるので、ワンポールテントのポールの最長部から落下しても耐える!
  • 2mの防水仕様なので、キャンプ場で池ポチャしても生還できる♪
  • 500mlのペットボトルより軽量! 小型で頼もしいモデル。

といったところでしょうか。

点灯モード

  • 白色 8時間(強 300 lm)~ 58時間(弱 25 lm)
  • 昼白色 16時間(強 180 lm)~ 100時間(弱 10 lm)
  • 暖色 16時間(強 140 lm)~ 105時間(弱 10 lm)
  • 暖色キャンドルモード 75時間

製品仕様

  • 明るさ(約):300ルーメン(白色最大点灯時)
  • 使用電池:単3形アルカリ電池×4本
  • 耐塵・2m防水仕様(IP68準拠)
  • 4m落下耐久
  • バッテリーインジケーター搭載
  • 本体サイズ(約):W64.4xH144.3xD66.0mm
  • 本体質量(約):330g(電池含む)

参考 アウトドア仕様で明るさを重視するならEX-000Rが検討候補にあがります。

単3電池でアウトドア仕様、暖色特化のEX-136S

EX-136Sは、単3電池でアウトドア仕様を意識したモデル。暖色に特化したモデルです。

この商品の魅力は

  • 暖色に特化したアウトドアモデル
  • フローティング仕様で、1mの防水仕様なので、水に負けない!
  • 500mlのペットボトルより軽量! 中型モデル。

といったところです。

点灯モード

  • 暖色 370 lm 9時間(Highモード)
  • 暖色 160 lm 18時間(Midモード)
  • 暖色 20 lm 142時間(Ecoモード)
  • キャンドル 60時間(キャンドルモード)

製品仕様

  • 水に浮くフローティング機能
  • 明るさ 370ルーメン 点灯時間 9時間
  • 使用電池:単3形アルカリ電池×6本
  • 耐塵・1m防水仕様(IP67準拠)
  • 2m落下耐久
  • バッテリーインジケーター搭載
  • 本体サイズ(約):φ78.0×141.5mm
  • 本体質量(約):355g(電池含む)

防災仕様のEX-964DL

EX-964DLは、内蔵電池で稼働し、手回し充電機能、USB機器への給電機能がついたモデルです。点灯色は暖色。

この商品の魅力は「防災用品として役立つモデル」です。

点灯モード

  • 暖色 400 lm 5時間(Highモード)
  • 暖色 150 lm 11時間(Midモード)
  • 暖色 20 lm 40時間(Ecoモード)
  • キャンドル 27時間(キャンドルモード)

製品仕様

  • 緊急時でも安心の手回し充電機能
  • USB機器に給電可能な充電式ランタン
  • 耐塵・防滴(IP64準拠)
  • 1m落下耐久
  • 内蔵電池:リチウムポリマー充電池 3.7V 3,000mAh内蔵
  • 充電時間(約):4時間
  • 電池寿命:充放電 約500回
  • 本体サイズ(約):φ87.3×217.0mm
  • 本体質量(約):515g(電池含む)

まとめ

ファミリーキャンプには、安全を考えてLEDランタンがおすすめです。なかでも、ジェントス製は売れ筋ですし、日本製なので信頼できます。

みなさまの用途に合った商品が見つかることを願っています☆

予算が許すのであれば、EX-000Rがキャンプで使うなら一番便利です。

参考 地震大国の日本では、防災の備えは必須

キャンプが趣味であれば、ほんの少し防災を意識するだけで防災用の備蓄が整います。

  • 飲用水
  • ガスボンベ
  • 電池
  • 簡易トイレ
  • 非常食

良いタイミングなので、備えを見直してみてはいかがでしょうか。

防災用の手回し発電ライトをお持ちでない方は、EX-964DLが役立ちます。キャンプでも防災でも使えるので一石二鳥です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
フィードバック

フィードバックいただけると嬉しいです♪

ご訪問ありがとうございます。みなさまのアクションがブログ更新の励みになります😀 気軽に足跡を残していってください☆

ブログ ランキングに票を入れる
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

Facebookにキャンプのお役立ち情報を配信中☆いいね!して最新記事をチェックしてみませんか♪ (いつでも取り消しできます)