「Airbibo アウトドアチェア コンパクト」が期待以上に大活躍!

Airbibo アウトドアチェア コンパクト

ヘリノックスノチェアに2年ほど前に座って、それ以来ご無沙汰だったヘリノックス風チェア。

実際に使ってみると、その便利さに驚きます。

この手の形状のチェアは、パッと座っただけだと安定感に欠ける印象でしたが、コンパクトで利用シーンが多いです。実際に使ってみて、その便利さに感心しました。

人気がある理由が、やっと理解できたので、ご紹介します☆

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Airbibo アウトドアチェア コンパクト

「Airbiboのアウトドアチェア コンパクト」はヘリノックス風チェア。

楽天

  • 耐荷重(静荷重)150kg
  • 収納時サイズ「34×10×11cm」
  • 重量「900g」
  • 800Dポリエステル座面シート
  • 座面のポールポケットは二層生地で縫製
  • 背面と座部両脇がメッシュ生地。通気性を高め、ムレを防止

商品提供していただけるとことで、使ってみましたが、なかなかの座り心地。

1Lのペットボトル程度の重さで、リュックに入る大きさなので、期待以上に活躍してくれています。

本家を忠実にアレしている

この形状のチェアの本家は、ヘリノックスですが、なかなか忠実に再現しています。

まず、見た目からして、なかなかのお手前☆

本家ヘリノックス

Helinox(ヘリノックス) チェアワン ブラック 1822151-BK

アレした Airbibo

Airbibo (エアビボ) アウトドア チェア コンパクト 耐荷重150kg 折りたたみ 軽量 アルミニウム合金製 収納バッグ付き バーベキュー お釣り 登山 キャンプ ピクニック お花見用(ブルー)

スペック上の違いは、座面の奥行きぐらい。他は誤差の範囲内という印象です。

Airbibo ヘリノックス
チェアワン
重量 900g 890g
サイズ 幅53×奥行59×高さ67cm 幅52×奥行き50×高さ66cm
収納サイズ 34×10×11cm 35×10×12cm
座面高 35cm 34cm
耐加重 150kg 145kg

ファイアスタンドの類似品は、見た目は同じように見えても、重量が倍以上違っていたのと比べると、この手の椅子は遜色ない作りになっていることが分かります。

しかも、本家ヘリノックスのチェアワンは、柔らかい地面だと足が沈むという欠点がありますが、その欠点を補う工夫が最初からされています。

本家の場合は、オプション品を購入して補う必要があります。

「軽くてコンパクト」は、予想外に便利!

ヘリノックスのチェアの特長は、コンパクトで軽いこと。

Airbiboのアウトドアチェアは、その性質を見事に引き継いでいます。

片手で持ち運びできます♪

片手で持ち運べる

我が家は、キャンプ用のアウトドアチェアとして考えると、コンパクトさは最重要項目ではありませんでした。

座り心地を優先して椅子を選んでいましたが、ここまでコンパクトだと利用シーンが格段に広がります。

いつでも、どこでも、椅子がある

軽くてコンパクトだと、ちょっと出かける時に持って行きやすいです。

最近暖かくなってきたので、「天気が良いから公園でお昼食べよう♪」という日が結構あります。

そんな時に一番重宝するのが、この椅子です。

自転車で移動する時にも、持って行ける

かなり便利です。

広い公園に、遊びに行った時。園内を歩く事を考えると椅子を持っていか無かったりしますが、

そこそこの距離を、持って歩いても苦にならない

というメリットがあります。

ちょっと公園に遊びに行く程度なら、レジャーシートに直接座っていましたが、
これがあると、いつでも、どこでも、椅子を持って行けます。

椅子を持っていくと、外での快適さがかなり違います。

子供と遊びに行く時に、どこにでも持っていける

なかなかの座り心地

Airbiboの椅子は、なかなかの座り心地。ただし、安定感は劣ります。

体を包み込む座り心地

座り心地は「良い」です。

  • ホールド感が良い (どんな尻にもフィット)
  • フレームが体に当たらない
  • 尻全体をサポートしてホールド
  • ハンモックのような浮遊感

と言った感じで、なかなかの「尻心地」

尻から背中を全体的に包み込むような感覚は心地良いです。骨盤矯正の椅子に少し近い感覚で、サイドからキュッと引き締めてくれる印象です。えらく嫁さんが気に入っております。

もちろん、子供も座ってくつろげます。
子供があぐらをかいて座れる

安定性がイマイチ

難点は安定感。

本家のヘリノックスを座った時にも感じたことですが、体を捻ったりして、足が1つでも浮くと不安定になります。

椅子の上で動くと、コロンと転んでしまうことがあります。(ダジャレではない)

大人は、椅子に座って動き回ることが無いのですが、子供達には使わせる時には注意が必要です。子供は、はしゃいで転びます。

わんぱく次男が見事に転ぶ 😛
子供が転倒

座り慣れてくると、転ばなくなる気もしますが、焚き火の近くで子供に座らせるのは避けたいと思います。

設置・撤収は手間取らない

一般的に、コンパクトさを実現するとなると、組み立てと収納が面倒だったりしますが、Airbiboの椅子はよく作られています。

設置が楽で爽快

この椅子は、設営が結構楽です。

フレームの中心を持ってかざすと、ショックコードのゴムに引かれてパチパチとフレームがつながっていきます。

  1. フレームの中心をつかむ
  2. その状態で軽く振る
  3. シャキン、シャキンとフレームが勝手に組みあがる
  4. 仕上げに、シャキンとしなかったポールを手で挿してフレームが完成
  5. フレームに座面を張れば椅子が完成

コツを掴めば簡単です。

Airbibo アウトドアチェア の組み立て

フレームの中にショックコードが入っているので、シャキン、シャキンと勝手に組み立っていく様は爽快です。

Airbibo アウトドアチェア のショックコード

撤収もなかなか

収納の手順もなかなか良いです。

  1. 座面をフレームから外して
  2. ポールを畳んで
  3. 座面を畳んで
  4. 袋にしまう

フレームを畳む時には、ポールの中央を持って、枝のフレームを中央に集めていくことで効率よく畳むことができます。

Airbibo アウトドアチェア の片付け

なかなか、便利です。

さいごに

Airbiboはなかなか良い椅子でした。

  • 「軽くてコンパクト」は予想外に便利!
  • いつでも、どこでも、椅子がある快適さ♪
  • 座り心地(尻心地)も良い

ヘリノックス風のチェアは、安定感に欠けるため、全く興味がなかったのですが、実際に使ってみると「軽くてコンパクト」というのはかなり便利でした。何処にでも手軽に椅子を持っていけるというのは革命ですね。

チョットした公園へのお出かけや、デイキャンプの時に重宝しています。

もちろん、キャンプで使うのも便利です。車載量が減りますし、扱いが楽です。

アウトドア好きなら持っておきたい椅子です。

本物志向の方はヘリノックス

スポーツオーソリティ セール
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
アクション

アクションが励みになります♪

ご訪問ありがとうございます。みなさまのアクションがブログ更新の励みになります😀 気軽に足跡を残していってください☆

ブログ ランキングに票を入れる
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

記事をシェアする

フォローする (更新情報をお届けします)

Facebookにキャンプのお役立ち情報を配信中☆いいね!して最新記事をチェックしてみませんか♪ (いつでも取り消しできます)